OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏といえば湘南の海!だけど危険生物には気をつけよう!!

危険生物その① アンドンクラゲ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別名「電気クラゲ」と呼ばれることもあるアンドンクラゲは、その名の通り刺されるととてつもない激痛に襲われる恐ろしいクラゲです。

アンドンクラゲの毒によって人が死ぬケースは稀ですが、透明で目視による発見も難しく、またサイズも3センチ前後と小さいので「刺されてはじめて存在に気づく」ケースも多いクラゲとなっています。

アンドンクラゲは夏の海水浴場によく出没しますが、特にお盆過ぎ以降は数が増える傾向にあるようです。

【 出没場所 】
浅い海、海水浴場

【 対 策 】
常に最新のクラゲ発生情報を入手し、お盆以降の海水浴は控える。
刺された患部に酢を掛け、病院へ行く。

危険生物その② カツオノエボシ

katuonoeboshi
紫色のビニール袋にゴワゴワした触手がへばりついたような見た目のクラゲの仲間です。触手から射出される毒針はとても強力で子供やお年寄りが刺された場合は死に至るケースも多々あります。

体力のある大人でも刺された場合はスタンガンの電撃を受けたようなショックを感じます。

【 出没場所 】
浅い海や砂浜

【 対 策 】
見つけたら絶対に近づかず、触らない。
刺された場合はすぐに病院に行く(酢を掛けると更に毒針が射出されるので注意)

危険生物その③ イモガイ

imogai
見た目がキレイな巻き貝の仲間で、実際にその貝殻を自分で集め、インターネットオークションで販売している人もいるくらいです。

ただし、生きているイモガイは強力な毒針を持っておりその毒性の強さはコブラの数十倍以上とも言われています。

当然刺された場合は命に関わる重篤な状態となる可能性が高くなります。
症状は激痛及び呼吸困難、意識障害です。

【 出没場所 】

水深の浅い砂地や砂浜

【 対 策 】
絶対に触ったり踏んだりしない。
刺された場合は至急病院へ

こんなにある!湘南の海水浴場

江ノ島海岸(片瀬海岸東浜)
江ノ島海岸(片瀬海岸西浜)
辻堂海岸
腰越海岸
茅ケ崎ヘッドランドビーチ
サザンビーチちがさき
鵠沼海岸
湘南ひらつかビーチパーク
秋谷海水浴場
横堀海水浴場
由比ガ浜海水浴場
猿島海水浴場
走水海水浴場
岩海水浴場
長浜海水浴場
荒井浜海水浴場
逗子海水浴場ビーチ
三浦海岸海水浴場
一色海水浴場
長者ヶ崎海水浴場
材木座海水浴場
大磯町海水浴場
大浦海水浴場
森戸海水浴場
湯河原海水浴場

関連記事

ページ上部へ戻る